TOP > iPhoneの防水性

iPhoneの防水性

iPhoneは公式に防水には対応していません。

しかし、iPhone5以降、徐々にボディが強化されており、防水性能も高くなってきています。
もともとiPhoneは組み立て精度が高かったことから土砂降りの雨の中でも壊れない程度には防水性能があると言われてきていますが、利用状況によっては雨でも水が入ってしまう方もいるので過信できません。

話題の最新ソフトバンクのiPhoneに関する情報が満載のサイトです。

iPhoneを屋外で利用する、スポーツで利用したい場合には防水ケースが利用できます。



iPhone向けのケースは多岐にわたっていますが、中でも防水と耐衝撃性能が高いケースが注目されています。
多少厚みがあったり、重くなっていたりと普段の使い勝手はあまり良くありませんが、水辺や山などで利用する場合には強い味方になってくれます。

防水ケースでは川など淡水を見越したケースが多く、海水では力が発揮されないケースもあるので要注意です。



ケースの説明書には必ず利用できるシチュエーションが書かれています。海でも利用できるタイプは推進数十メートルにも対応するタイプも多く、利用するシチュエーション別に多数のケースが提案されています。


これらのケースは本体を覆うような形状をしていますが、電波の受信には全くも問題がなく、画面タッチもスムーズになっているケースが多くなっていたり、耐衝撃性能も合わせて持ち合わせているケースなどさまざまな製品が販売されています。

重さについては軽量化が難しいこともあり、割り切る必要があるケースが多いです。